北海道十勝 放牧豚 肩ロース (1kg)

エルパソ牧場
PK364

商品説明

北海道・十勝地方にあるエルパソ牧場の完全放牧豚の豚肩ロース1KGブロック。骨と皮は取り除いてありますので、ローストポークやトンカツにおすすめです。きれいな霜降りが入っていますので、オーブンで約45分焼くだけで、驚くほどジューシーで軟らかなローストポークになります。お好みの厚さにスライスすれば、豪華な豚カツに。長時間かけてじっくり調理するプルドポークや、スモークでもジューシーな美味しさをお楽しみいただけます。詳しくは、下記の動画や調理法とコツをご覧ください。

エルパソ牧場の豚たちは、広大な十勝の大自然の中放牧され、丘陵を自由に駆け回り、青草、木の根、ドングリやクルミなどを食べ、一般的な飼育より2ヶ月長く健康的に育てられます。豚肉特有の臭みは、天然の土を食べることで大幅に抑えることができます。「どろ」だらけになるまで遊び、「どろ」を食べることで豊富なミネラルや栄養素を吸収し、大きく・健康的に成長した豚は「どろぶた」として十勝で愛されています。一般的な豚肉との「肉質」と「味」の違いをお分かりいただけるはずです。成長促進ホルモン剤・治療量以上の抗生物質・ステロイド不使用のナチュラルポークです。エルパソ牧場の豚たちについて詳しくは、下記をご覧ください。



内容

商品内容 1パック 1本
内容量 約1kg
商品のパッケージサイズ 10cm×8cm×16cm
あくまで目安のサイズとなります。個体差がございます。
対象人数 4~5人用
あくまで目安の人数となります。個人差がございます。

商品の取り扱い

発送方法 冷凍発送のみ
保存方法 要冷凍(-18°C以下)
解凍時間(目安) 冷蔵庫での解凍:48時間
流水解凍:4時間
おすすめの調理方法 スロークッカー、スモーク、オーブン、とんかつ
賞味期限 冷凍保存:商品ラベルに記載されております。ほとんどの冷凍品が未開封の状態に限り、6ヶ月以上となっております。
冷蔵保存:未開封の状態に限り3日

 

さらに詳しく

別名・他の名称 肩ロース、CTバット、プルドポーク、ポークカラー
原材料 豚肉
原産地 国産
肉の部位
商品状態 個別真空包装

 

エルパソ牧場どろ豚について

✔ 北海道・十勝の大自然の中、放牧され、健康的かつ人道的にアニマルウェルフェアの考えに寄り添った、自然の営みのままに育てられた豚たち。(AWFCジャパン会員所属)

✔ 成長促進ホルモン剤・治療量以上の抗生物質・ステロイド一切不使用。

✔ 妊娠ストール(拘束飼育)、尾の切断、歯の切断、は行っていません。

✔ 天然の新鮮な土をよく食べることで、豊富なミネラルや栄養素を吸収し、豚特有の臭みが大幅に抑えられ「肉質」と「味」が変わります。エルパソ牧場の豚は「どろぶた」と呼ばれています。

✔ ドングリ・草の根・笹・木炭・カボチャ・イモ・ヒマワリ・クルミを食べて育ちます。

✔ 旨み成分の素といわれる成分であるオレイン酸が45%以上と、とっても豊富。

✔ 生産性の向上を優先するのではなく、豚の命を尊重した自然な育ち方にこだわっています。おいしさを追求し、一般的な飼育よりも2か月長く自然のままで時間をかけてゆっくり育てられます。

✔ 自然の中を自由に動き回り、オレイン酸を豊富に含むドングリや草の根を食べる事で170kg以上まで育つ豚は、体内の肉や脂肪に、高い濃度で良質なオレイン酸・ビタミンB群・ビタミンE・抗酸化物質を蓄積できる。脂肪が厚みを増し、赤身にも脂肪が入ります。  

✔ 自社加工場でじっくり熟成させることにより、肉のたんぱく質が分解されアミノ酸に変化。旨みがグンと増します。

✔ 家族経営のひとつの牧場で飼育から加工までを管理。食卓に届くまでの個々の豚の、トレーサビリティが明確で安心。

エルパソ牧場

どろ遊びが大好きな豚たち。夏は川で水浴び、冬は雪原を走り回ります。それが、北海道・十勝地方にある家族運営のエルパソ牧場で放牧される豚たちの幸せな暮らしです。ここで言う「放牧」とは、四季を通して1日24時間、30ヘクタールの広大な土地で自由に動き回る、真の「放牧」です。豚たちは、自然にのびのびと時間をかけて育てられたイギリス原産のケンボロー種。成長ホルモン剤やステロイドを使用せず、十勝の広大な大地の大自然の中を自由に走り回って一般的な飼育より2か月長く、健康的に育った豚です。生まれたばかりの子豚たちは、自分で自分のことができるようになるまで豚舎で母豚と一緒に過ごします。もちろん尾の切断、妊娠ストール(拘束飼育)は行っていません。エルパソ牧場の豚たちは、工場畜産ではありません。豚たちは敬意を持って、愛情たっぷりに育てられています。 

品種 ケンボロー種
農場 / 牧場 エルパソ牧場
地域 北海道・十勝地方
飼育方法 通年24時間の完全放牧酪農、通年30ヘクタールの土地で放牧されています。
飼育担当者 平林一家とその従業員
畜産経験 1972年に北海道・帯広で有名な老舗豚肉料理店「ランチョ・エルパソ」を創業。2005年より「エルパソ豚牧場」を経営。
飼料 ドングリ、草の根、笹、木炭、カボチャ、イモ、ヒマワリ、クルミや小麦・トウモロコシ・大豆など自家製飼料。
トレーサビリティ 牧場から食卓まで100%トレーサビリティを実現しています。
ホルモン剤 ホルモン剤不使用
ステロイド ステロイド不使用
治療量以上の抗生物質 治療量以上の抗生物質不使用(使用の場合は生後1ヶ月間のみ、それ以降は一切不使用の為、抗生物質残留無し)
畜産副産物飼料 畜産副産物飼料不使用



豚肉 肩ロース 焼き方 / 調理方法

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

冷蔵庫の中で約48時間、流水解凍であれば約3時間かけて、中心部までしっかりと解凍しましょう。解凍後はパックを開け、肉を常温に置いて、15分ほど休ませます。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

オリーブオイルとお好みのミックススパイスを肉にもみ込んで、下味をつけます。おすすめは、シーソルト、挽きたてコショウ、ガーリックパウダー、パプリカパウダー、ディルパウダー(少々)、マスタードパウダーのミックスです。肉全体に丁寧に擦り込んでください。次に、オーブンに入れる前に、表面を焼いていきます。カリッと香ばしい焼き目をつけるには、調理器具の温度が大切になってきますので、フライパン、またはスキレットがしっかりと高温に達するまで熱してください。この時、レンジフードを強にしておいてくださいね!

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

ひっくり返しながら、全面を焼いていきます。内部に火を通すことが目的ではありませんので、表面がこんがり焼けたら火を止めてください。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

オーブンを180度に予熱し、肉をオーブン角皿に移します。アルミホイルなどで肉を覆う必要はありません。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

オーブンによって調理時間が異なりますが、1KGのブロック肉をローストするのにかかる時間の目安は、約1時間です。肉をオーブンに入れて、調理時間を60分にセットし、焼き始めから30分後、そして45分後の2回、焼き具合をチェックされることをおすすめします。実際に調理したところ、私たちのオーブンでは、45分で焼き上がりました。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

焼き上がりのタイミングが分かりにくく心配というお客様には、HORIZON FARMS が取り扱うスマート肉用温度計をおすすめします。肉に挿し込んだままローストでき、LEDライトの色によって簡単に肉の中心部の温度が把握できますので失敗がなく、大変便利ですよ。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は高品質の豚肉は、ミディアムで頂くのがおすすめです。牧場や飼育方法、飼料など全てが安心な豚肉だからこそできる、贅沢なお召し上がり方法と言っていいでしょう。
中心部が60度に達したら、オーブンから取り出し、まな板の上で10分ほど休ませます。もしウェルダンをご希望でしたら、中心部が70度に達するまで調理してください。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

この仕上がりをご覧ください。外はカリッと、中はジューシー。絶品ローストポークのできあがりです。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

赤みがかった部分を心配される必要はありません。霜降りの多い、最高品質の豚肉では、理想の焼き上がり加減です。もしご心配でしたら、切り分けた後、お好みの焼き加減になるまでフライパンで焼いてください。

北海道十勝 放牧豚  肩ロース

健康で、大切に育てられた放牧豚ならではの、豚肉本来の風味や旨味、食感を、ぜひお試しください。

カスタマーレビュー

11 件のレビュー カスタマーレビューを書く

関連商品


People who bought this product, also bought